japan-india-economy.jpeg

インドが世界第3位の経済大国への台頭を分析 – 블랙툰 ニュース – World News Report

[ad_1]

AHMEDABAD, GUJARAT, INDIA, August 13, 2023/EINPresswire.com/ — 블랙툰 : 最近の発言で、ナレンドラ・モディ首相は、インドがこの10年の終わりまでに世界第3位の経済大国の地位を確保する可能性に自信を示しました。この宣言は、メディア、アナリスト、経済学者の間で議論の波を巻き起こしました。多くの人々は、この野心的な目標が達成可能であると信じていますが、この予測の実現可能性を評価するためには、より深い検討が必要です。

国際通貨基金(IMF)によると、インドは現在、世界第5位の経済大国の地位を保持しており、アメリカ、中国、日本、ドイツに続いています。IMFの世界経済展望(WEO)データベースによれば、インドの国内総生産(GDP)は2022年に3.39兆ドルとなり、その経済的地位を示しています。予測によれば、2027年までにインドのGDPは5.15兆ドルに急増し、著しい成長軌道を示す見込みです

https://www.magzter.com/stories/newspaper/Mint-Mumbai/CAN-INDIAS-ECONOMY-OVERTAKE-JAPAN-BY-29

これらの数字を、2022年のGDPが4.08兆ドルである現在の世界第4位の経済大国であるドイツと比較すると、2027年までに4.95兆ドルに達すると予想されています。同様に、2022年のGDPが4.23兆ドルである現在の世界第3位の経済大国である日本も、2027年までに5.08兆ドルに達すると見込まれています。2027年までに5.15兆ドルのGDPを持つインドは、専門家たちによれば、確かに世界第3位の経済大国の地位を確保できると予測されています

ただし、この達成への道は容易ではありません。2029年までに世界第4位の経済大国に昇進することは確実であるとされる一方で、日本を追い抜いて第3位になることは相当な困難を伴う可能性があります。モディ首相のビジョンは、経済的要因、政策の実施、そして世界的なダイナミクスに依存しており、これらがインドの今後の軌道を形作るでしょう。

アナリストと経済学者は、人口のディビデンド、新興市場、さまざまな分野での進歩などから、インドの潜在能力は巨大であると同意しています。ただし、この野心的な目標の達成には、戦略的な計画、持続的な成長、そして賢明な経済運営が求められるでしょう。

まとめると、モディ首相のビジョンによれば、インドが今十年の終わりまでに世界第3位の経済大国になることは、専門家の間で大きな関心と議論を巻き起こしました。この道は挑戦に満ちているかもしれませんが、インドがこの目標に向かって進展する様子は、国際社会によって注視されるでしょう

Sam Kumar
Blacktoon News
admin@blacktoon.av01.wiki



[ad_2]
Source link

Comments are closed.